不動産会社の種類

「不動産会社なんてどこも一緒だろ」と思われるかもしれませんが、メインにしている業務によって異なります。例えば病院でも内科や外科、整形外科等で分かれていますよね。不動産会社も同じようにメインに扱う業務によってそれぞれ異なります。病院ほど明確に表示されてませんが分かれております。

【賃貸系】
・賃貸仲介会社
主に賃貸建物への入居者斡旋が中心になる不動産業者です。
賃貸建物への仲介業務は宅建業の免許が必要です。
※大手では、エイブル、ミニミニ、ハウスコムなど
・賃貸管理会社
賃貸建物の管理をメインにしている不動産業者です。
建物の管理業務に関しては宅建業の免許は必要有りません。
管理物件に空部屋が出てこの部屋へ入居者を斡旋する業務に宅建業免許が必要となります。
※ハウスメイトパートナーズ、タイセイハウジーなど
・賃貸業をメインにしている会社(賃貸業は宅建業の免許は不要だが、業務上宅建業の業務を行う事があるので免許を取得している)
表にはほとんど出てこない不動産業者です。
自分の所有する賃貸建物への入居者斡旋も他の仲介業者へ委任しています。
投資目的でアパートやマンションの購入、また売却する際に宅建業免許が必要になるケースが有ります。

【売買系】
・売買仲介会社
新築一戸建て(建売)や中古マンション、土地などの仲介業務がメインの不動産業者です。
※三井のリハウス、東急リバブル、住友不動産販売など
・建売業者
※飯田産業、アーネストワンなど(パワービルダーとも呼ばれてます)
・マンション再販業者
※インテリックス、スターマイカなど
・分譲マンション販売業者
※大京(ライオンズマンション)、三井不動産レジデンシャルなど